De Beyond-デジタル通貨入門メディア【ディーカレットDCP】

デジタル通貨のプラットフォームを開発しています。デジタル通貨は私達の生活やビジネスにど…

De Beyond-デジタル通貨入門メディア【ディーカレットDCP】

デジタル通貨のプラットフォームを開発しています。デジタル通貨は私達の生活やビジネスにどう役立つのか、「DE BEYOND」がさまざまな価値を交換するコミュニケーションプラットフォームになれるよう、難しいことを分かりやすく、仕事や日々の生活に役立つ記事を発信してまいります。

マガジン

  • Tech Index

    「ブロックチェーン」「スマートコントラクト」「Web3」「NFT」「メタバース」などのテクノロジーのトレンドやキーワードについて詳しく解説していきます。基礎的なことからできるだけ分かりやすくお伝えしていきます。 <このマガジンで学べること> ・ブロックチェーンの構造や仕組みは? ・ブロックチェーンの革新性とは? ・スマートコントラクトとブロックチェーンの関係性は? ・スマートコントラクトが第四次革命と言われる理由とは? ・次世代インターネット「Web3」とは?

  • 有識者対談・インタビュー

    Web3への移行が本格化する世界において、より良い社会の実現に向けてチャレンジしているキーマンや有識者の方々とデジタル技術が未来社会について自由に語り合う対談コンテンツ。ディーカレットDCPのプロダクト開発責任者である時田一広らとともに、これからのDX社会や、ソーシャルグッドに寄与する理想のデジタル社会などを展望していきます。 <このマガジンで学べること> ・有識者の幅広い知識や知見、各分野の最新動向 ・社会課題に対するデジタルソリューションのアイデア ・日本のDX化に向けた課題や道筋の可能性 ・デジタル通貨がさまざまな分野でどう役立つことができるのか

  • Q&Aコーナー

    キャッシュレスや電子マネーとの違いなど、「デジタル通貨」や「デジタル決済」にまつわる疑問にお答えするコーナーです。一問一答形式で完結に答えているため、手早く必要な情報を取りたい方にもお勧めです。 <このマガジンで学べること> ・キャッシュレス決済とデジタル通貨の違いとは? ・CBDCと中央銀行デジタル通貨の違いとは? ・ブロックチェーンの仕組みとは? ・スマートコントラクトやWeb3とは何か?

  • デジタル決済の未来をツクル人

    「デジタル通貨」という世界的にもほとんど前例のないプロジェクトに取り組むディーカレットDCPのプロダクト開発チーム。新たな社会インフラをつくるパイオニアでもある彼らが日々どういった想いで開発に取り組んでいるのかやクリエイティブなチームづくりなど、イノベーティブなプロダクトサービス開発の裏側についてデジタル決済の未来を担うツクリ手が語ります。 <このマガジンで学べること> ・デジタル通貨の基本的な仕組みや技術 ・実際に行われているデジタル通貨の開発プロセス ・開発チームの視点や想い

  • 2023ホワイトペーパー解説記事

    2023年10月12日に発表したホワイトペーパー「“DCJPY” White Paper 2023」。私たちが提供する「デジタル通貨DCJPY(仮称)」(以下、DCJPY)にスポットを当て、ホワイトペーパーのポイントを絞って解説したダイジェスト版を「DE BEYOND」で発信します。 <このマガジンで学べること> ・DCJPYについて ・DCJPYが提供する世界観や創り出す未来像 ・DCJPYが提供するサービス ・DCJPYの技術的アーキテクチャと法的な位置付け ・業界の第一線から見たDCJPYのポテンシャル

記事一覧

固定された記事

DE BEYONDの読み方(コンテンツ紹介)

こんにちは。 「デジタル決済の未来をツクル」ディーカレットDCPでプロダクトのプロモーションに取り組むハナエです。 デジタル通貨入門メディア「DE BEYOND」をご覧いた…

本当につくりたい動画をファンと一緒に。DAOファントークンサービスとは?

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 みなさんは「SSFF&ASIA(ショートショートフィルムフェスティバル&アジア)」をご存じでしょうか? 「SSFF…

【FINTECH SUMMIT 2024 セッションレポート】デジタル通貨DCJPYネットワークの商用スタートと今後の展望

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 2024年3月5日(火)から3月8日(金)の4日間、東京・丸の内にてフィンテックの総合カンファレンス「FINTECH S…

NFTバブルの終焉から2年。クリエイターDAOの現在進行形

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 2021年から2022年にかけて、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)の熱狂的ブームが起きました。「Ope…

【note記事まとめ】クリエイターエコノミーまとめ

2年ほど前に巻き起こったNFTブーム。その後、熱狂的なバブルは弾けてその勢いは下火になったと言われていますが、NFTそのものは、クリエイターに直接的かつ永続的な収益源…

Web3時代のアプリ「DApps」。その進化を加速させる「Solana」とは?

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 今回取り上げるテーマはDApps(Decentralized Applications)。DAppsとはどんなもので、Google、Instagramと…

RWAで変わる不動産トークンエコノミーの拡大。「Japan Web3 Week」セミナーレポートPart.2

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 今回は先日開催された「Japan Web3 Week」から、西村依希子さんをゲストにお招きしたトークセッションの模様…

民間デジタル通貨と国内外の潮流について。「Japan Web3 Week」セミナーレポートPart.1

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 2月20日(火)から2月22(木)までの3日間、東京ビッグサイトにて「Japan Web3 Week」が開催されました。当日…

【デジタル通貨を哲学する Vol.3】デジタル取引は現代の物々交換。見えるからこそ考えるということ

朱喜哲(チュ・ヒチョル)さんをお招きし、哲学の観点からデジタル通貨を紐解く本シリーズ。第3回目のテーマは「デジタルな物々交換」です。 朱さんは、デジタル通貨によ…

【デジタル通貨を哲学する Vol2】テクノロジーと公平性。ブロックチェーンがもたらす「安心社会」

こんにちは。「デジタル決済の未来をツクル」ディーカレットDCPのハナエです。 デジタル通貨やデジタル社会を哲学の視点から紐解く本シリーズ。前回は哲学や思想の観点か…

【デジタル通貨を哲学する Vol.1】思想史から見るお金と信用。そしてELSI

こんにちは。「デジタル決済の未来をツクル」ディーカレットDCPのハナエです。 今回のクロストークのお相手は、朱喜哲(チュ・ヒチョル)さん。広告会社でデータビジネス…

【note記事まとめ】RWA(現実資産)

先日、RWA(Real World Asset)の解説記事を出させて頂きましたが、ご覧になられたでしょうか?改めてにはなりますが、 RWAとは現実世界で私たちが保有する資産のことです…

リアル資産トークンは金融エコシステムの救世主?2024年注目の「RWA」

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 中央銀行デジタル通貨(CBDC)をめぐるトランプ前大統領の発言など、2024年もブロックチェーンやデジタル通貨…

【note記事まとめ】デジタル通貨

米大統領選での再選を目指すトランプ元大統領はニューハンプシャー州の選挙演説で、「FRB(連邦準備銀行)によるCBDC(中央銀行デジタル通貨)の発行は許さない」と発言。…

Web3の社会を支える3種類のデジタル通貨。それぞれ何がどう違う?

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 今回のテーマは、デジタル通貨の種類と違いについて。ひとくちにデジタル通貨といってもその種類はさまざま…

GXの要となる「環境価値」とは?

デジタル通貨やデジタル決済、デジタルトランスフォーメーション(DX)など、お金や決済のデジタル化にまつわる質問にお答えしていくコーナーです。 今回は今年の7月に商…

固定された記事

DE BEYONDの読み方(コンテンツ紹介)

こんにちは。 「デジタル決済の未来をツクル」ディーカレットDCPでプロダクトのプロモーションに取り組むハナエです。 デジタル通貨入門メディア「DE BEYOND」をご覧いただきありがとうございます。 ディーカレットDCPは、デジタル化されたお金である「デジタル通貨」の社会実装を目指して日々奮闘しています。デジタル通貨について少しでも理解を深めていただけるよう、2022年の末に「DE BEYOND」を立ち上げました。 デジタル通貨とはそもそも何か、私たちの暮らしや仕事にど

本当につくりたい動画をファンと一緒に。DAOファントークンサービスとは?

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 みなさんは「SSFF&ASIA(ショートショートフィルムフェスティバル&アジア)」をご存じでしょうか? 「SSFF&ASIA」は1999年にスタートしたアジア最大級の国際短編映画祭です。これまで100ヵ国以上から10万以上の応募作品が寄せられ、累計の観客動員数は85万人以上。2004年にはノンフィクション、アニメーションなど5つの部門で米国アカデミー賞から公認されました。26年目を迎える今年は「Illu

【FINTECH SUMMIT 2024 セッションレポート】デジタル通貨DCJPYネットワークの商用スタートと今後の展望

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 2024年3月5日(火)から3月8日(金)の4日間、東京・丸の内にてフィンテックの総合カンファレンス「FINTECH SUMMIT 2024」が開催されました。 カンファレンスのテーマは「“幸福な”成長をもたらす金融」。植田和男日銀総裁、栗田照久金融庁長官をはじめとする金融行政の中核を担う方々と、国内外の企業、銀行、研究機関が集まり、デジタル通貨やデジタル資産、金融へのAI活用について活発な議論が交わさ

NFTバブルの終焉から2年。クリエイターDAOの現在進行形

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 2021年から2022年にかけて、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)の熱狂的ブームが起きました。「OpenSea」をはじめとするNFTマーケットプレイスには、投機を目的とした多くのユーザが参画。とりわけデジタルアート作品は人気を集め、アメリカのミュージシャンが100万ドル以上の価格で購入したグラフィティのNFTはメディアでも話題になりました。 ただ、その後はビットコイン暴落

【note記事まとめ】クリエイターエコノミーまとめ

2年ほど前に巻き起こったNFTブーム。その後、熱狂的なバブルは弾けてその勢いは下火になったと言われていますが、NFTそのものは、クリエイターに直接的かつ永続的な収益源を確立できるポテンシャルを秘めています。 NFTが新たな可能性を見出したことで再度注目されるようになったのが、個々のクリエイターが直接収益を得る新しい経済圏「クリエイターエコノミー」です。もともとはインターネットやSNS、YouTubeなどのデジタルプラットフォームの発展によって生み出されたものでしたが、ブロッ

Web3時代のアプリ「DApps」。その進化を加速させる「Solana」とは?

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 今回取り上げるテーマはDApps(Decentralized Applications)。DAppsとはどんなもので、Google、Instagramといったこれまでのアプリとはどのような点で違うのでしょうか?DAppsのプラットフォームとして注目を集める「Solana(ソラナ)」とあわせてご紹介します。 まずはDAppsの概要から見ていきましょう。 Web3時代のアプリケーション「DApps」DAp

RWAで変わる不動産トークンエコノミーの拡大。「Japan Web3 Week」セミナーレポートPart.2

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 今回は先日開催された「Japan Web3 Week」から、西村依希子さんをゲストにお招きしたトークセッションの模様をお届けします。 2016年に仮想通貨ビジネス勉強会(現日本暗号資産ビジネス協会)の立ち上げに参画された西村さんは、ブロックチェーン分野のキーパーソン的存在です。 現在は株式会社オープンハウスグループの社長室エバンジェリスト兼ブランドコミュニケーション部長としてご活躍されながら、不動産建

民間デジタル通貨と国内外の潮流について。「Japan Web3 Week」セミナーレポートPart.1

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 2月20日(火)から2月22(木)までの3日間、東京ビッグサイトにて「Japan Web3 Week」が開催されました。当日はWeb3関連のサービスを提供する多くの企業が参加。ディーカレットDCPもブースを出展し、民間デジタル通貨やRWA(現実資産)トークンにまつわるセミナーとトークセッションを開催しました。 今回はそのなかから、山岡浩巳さん(フューチャー株式会社取締役/デジタル通貨フォーラム座長)によ

【デジタル通貨を哲学する Vol.3】デジタル取引は現代の物々交換。見えるからこそ考えるということ

朱喜哲(チュ・ヒチョル)さんをお招きし、哲学の観点からデジタル通貨を紐解く本シリーズ。第3回目のテーマは「デジタルな物々交換」です。 朱さんは、デジタル通貨による取引は原始的な物々交換に近いものだと考えています。そこにはどういった背景があるのでしょうか? 前回までの記事 ▷ 【デジタル通貨を哲学する Vol.1】思想史から見るお金と信用。そしてELSI 【デジタル通貨を哲学する Vol2】テクノロジーと公平性。ブロックチェーンがもたらす「安心社会」 月払いは非効率?その

【デジタル通貨を哲学する Vol2】テクノロジーと公平性。ブロックチェーンがもたらす「安心社会」

こんにちは。「デジタル決済の未来をツクル」ディーカレットDCPのハナエです。 デジタル通貨やデジタル社会を哲学の視点から紐解く本シリーズ。前回は哲学や思想の観点から見たお金や信用とは何なのか。朱喜哲(チュ・ヒチョル)さんの研究テーマであるELSI(エルシー:Ethical, Legal and Social Issues=倫理的・法的・社会的課題)とあわせて伺いました。 それに続く今回のテーマは、「ユニバーサルでフェアな取引」です。 前回までの記事 ▷【デジタル通貨を哲

【デジタル通貨を哲学する Vol.1】思想史から見るお金と信用。そしてELSI

こんにちは。「デジタル決済の未来をツクル」ディーカレットDCPのハナエです。 今回のクロストークのお相手は、朱喜哲(チュ・ヒチョル)さん。広告会社でデータビジネスの倫理的課題の研究や社会実装の推進に携わる朱さんは、哲学者としての顔も持ち、大阪大学の招聘教員として英米哲学、行動データのELSI(エルシー:Ethical, Legal and Social Issues=倫理的・法的・社会的課題)の研究にも取り組まれています。 哲学の観点から見た「お金」とは何なのか?デジタル

【note記事まとめ】RWA(現実資産)

先日、RWA(Real World Asset)の解説記事を出させて頂きましたが、ご覧になられたでしょうか?改めてにはなりますが、 RWAとは現実世界で私たちが保有する資産のことです。ブロックチェーン上に載せることを「トークン化」と呼びますが、RWAによって現実の資産をトークン化することで現実世界とデジタル世界の資産がつながり、Web3市場を拡張させる突破口になると昨年頃から一種のブームを巻き起こしています。 RWAの市場は今後10年で3兆5000億ドル〜10兆ドルにものぼ

リアル資産トークンは金融エコシステムの救世主?2024年注目の「RWA」

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 中央銀行デジタル通貨(CBDC)をめぐるトランプ前大統領の発言など、2024年もブロックチェーンやデジタル通貨にまつわるトピックスが飛び交っています。そうしたなかWeb3分野で2023年から注目を集めているキーワードの一つが「RWA」。金融関連のウェブメディアやニュースサイトで取り上げられる機会も増えてきました。 RWAとは具体的にどういったもので、次世代の金融とデジタル社会にどんな影響をもたらすのでし

【note記事まとめ】デジタル通貨

米大統領選での再選を目指すトランプ元大統領はニューハンプシャー州の選挙演説で、「FRB(連邦準備銀行)によるCBDC(中央銀行デジタル通貨)の発行は許さない」と発言。年始から「デジタル通貨」が話題となりました。 今回は、安定した決済手段として各国で検討が続くデジタル通貨についてnote内の記事をまとめてみました。 お金をデジタル化する「デジタル通貨」とは?お金のデジタル化を考えるうえでは、お金の本質についてまず考えなければいけません。初めに「DE BEYOND」で取り上げた

Web3の社会を支える3種類のデジタル通貨。それぞれ何がどう違う?

こんにちは。ディーカレットDCPの「DE BEYOND」編集部です。 今回のテーマは、デジタル通貨の種類と違いについて。ひとくちにデジタル通貨といってもその種類はさまざま。一般的には中央銀行デジタル通貨(CBDC)、ステーブルコイン、民間発行デジタル通貨の3種類に分けられますが、発行者や裏付け資産(担保)、運営方式にまで目を向けると、さらに細かいタイプに分類されます。 今回はそのなかから決済ツールとしての機能を持つデジタル通貨を取り上げ、それぞれどのような仕組みで成り立

GXの要となる「環境価値」とは?

デジタル通貨やデジタル決済、デジタルトランスフォーメーション(DX)など、お金や決済のデジタル化にまつわる質問にお答えしていくコーナーです。 今回は今年の7月に商用化でリリースしようとしているブロックチェーン技術を用いた環境価値のデジタルアセットとデジタル通貨決済について聞いていきたいと思います。 そもそも環境価値とは何なのか?「カーボンクレジット」や「カーボンオフセット」などさまざまな言葉が飛び交いわかりにくい「グリーントランスフォーメーション(GX)」にまつまるキーワ