見出し画像

DE BEYOND記事まとめ2023年総集編 - 人気記事10選 -

こんにちは!
「DE BEYOND」のナビゲーターを務める、ディーカレットDCPでプロダクトのプロモーションに取り組むハナエです。

2022年の12月にプロダクトブログとして始めた「DE BEYOND」もついに1年が経ち、配信記事も80本を超えました。これまで応援してくださった読者の皆さま、誠にありがとうございました!

「デジタル決済の未来をツクル」をスローガンに、これまでデジタル通貨の「きほんのき」からキャッシュレス決済や中央銀行デジタル通貨(CBDC)、ステーブルコインとの違いなど、さまざまな方向で取り上げてきました。

そこで年末特別号として、これまでの人気記事をランキング形式で振り返ります。
トップ10の記事を遡ることでデジタル通貨について網羅的に知ることができる内容となっていますので、「DE BEYOND」を読み始めた方も、すでに定期的に読まれている方も年末年始のホリデー期間にぜひお楽しみください!

■10位|デジタル通貨界の“ファーストペンギン”になるには!?

元日本銀行決済機構局長で、現在、当社主催の「デジタル通貨フォーラム」の座長を務める山岡浩巳さんにデジタル通貨の最新情報を聞いたインタビュー。中央銀行と民間銀行発行のデジタル通貨の役割や違いなどを深ぼったvol.2を踏まえ、デジタル通貨普及のカギをお聞きしました。ディーカレットDCPが日本でデジタル通貨の第一歩を踏み出す“ファーストペンギン”になる秘訣とは!?

■9位|デジタル通貨で私たちの生活の何が便利になる?

デジタル通貨の基本を探ったシリーズの3本目。前の2本でデジタル通貨とキャッシュレス決済の違いを踏まえたうえで、デジタル通貨が実際にどう私たちの生活を豊かにしていくか?ビジネスがどう変わっていくのか?といった質問を、当社のプロダクト開発責任者の時田一広に直接ぶつけてみました。デジタル通貨は“決済の民主化”と言うその理由とは?

■8位|ブロックチェーンは「思想」 分散化と透明性がつくる社会のミライ

「DE BEYOND」で人気の対談インタビュー「クロストーク」に、社会活動家の武井浩三さんをお招きしました。ホラクラシー経営、ティール組織とも例えられる「自然経営(じねんけいえい)」という独自の経営スタイルを確立した武井さんは、ブロックチェーンと自然経営には共通点があると言います。前衛的で刺激的な視点を持つ武井さんと一緒にお金の未来を考えるシリーズの第1本目です!

■7位|Web2.0からWeb3というデジタル世界への移行

デジタル通貨の基本を探ったシリーズの4本目です。"決済革命”となり得るデジタル通貨は、次世代インターネットと呼ばれる「Web3」の世界と相性が非常に良いです。現在は「Web2.0」から「Web3」の移行期と言われていますが、どのように社会が変わっているのでしょうか?「Web2.0」と「Web3」が現れた背景などを解説しながら、来たるデジタル世界の革命の可能性を示します。

■6位|通信と金融のシナジー “バリアフリー”でデジタル決済の未来をつくる

キャッシュレス決済・戦国時代のさなか、モバイル通信サービス「au」でおなじみのKDDIグループは金融サービスの司令塔を担う統括会社として「auフィナンシャルホールディングス」を立ち上げて金融事業を本格的にスタートさせました。お客さまに“バリアフリー”だと感じられるよう、業種の垣根を越えたサービスの提供に努めたという同社代表取締役社長の勝木朋彦さんに、金融業界参入の狙いやデジタル通貨を広めるポイントなどをお伺いしました。

■5位|2022年度版 デジタル通貨の世界的潮流

生まれたての技術とも言えるデジタル通貨の取り組みは日々、変化し続けています。また国ごとで事情もさまざまであるため情報のキャッチアップが難しい領域です。そこで世界のデジタル通貨事情に詳しい元日本銀行決済機構局長で、デジタル通貨フォーラム座長の山岡浩巳さんに、デジタル通貨のこれまでの歩みと、2022年までのデジタル通貨の世界的な動向を主要な国ごとにお聞きしました!

■4位|ホントにわかるブロックチェーン1 ブロックチェーンとは?

デジタル通貨の基盤となる最も重要な技術である「ブロックチェーン」。ただ、名前は良く聞くけれども、実際には何がすごいのかよくわからない・・という方も多いのではないでしょうか。そこで、これだけ読めばブロックチェーンの技術的な革新性がわかる「ホントにわかるブロックチェーン」シリーズをつくりました。各章ごとにポイントのまとめを読むだけでもブロックチェーンの全体像が見えてくると思います!

■3位|意外とアナログなキャッシュレス決済の仕組み

デジタル上で決済のやり取りをする、という意味ではデジタル通貨もキャッシュレス決済も同じです。しかし、その裏側のシステムや構造は大きく異なります。さまざまなキャッシュレス決済の仕組みを解説しながら、デジタル通貨の特性をお伝えします。

■2位|「お金のデジタル化」とは何か?

デジタル通貨は端的に言えば「お金をデジタル化させること」です。しかし、そのためにはまず、私たちが普段使っているお金とは何か?というところを考え直さなければいけません。そこで、デジタル通貨の基本を探った私たちの第1弾シリーズの1本目の記事として、「お金」そのものと、一般的なキャッシュレス決済との違いを取り上げました。

■1位|真の金融改革にはA2A決済とブロックチェーンが不可欠

1年間で一番読まれた記事は、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(DTC)執行役員の赤星弘樹さんとの対談インタビューでした!

長いことフィンテック業界に携わり、ブロックチェーンの黎明期からユースケースに取り組んできた赤星さんは、「真の金融改革のカギを握るのは、ブロックチェーンに基づいたA2A(Account to Account)決済」と話します。ブロックチェーンをベースにしたデジタル通貨が、金融業界 “変革”の突破口になるためには?

「DE BEYOND」2023年人気の記事10選、いかがでしたでしょうか?
振り返ると「ブロックチェーン」や「Web3」といったワードに関心が高まるとともに、ステーブルコインの法制度の改正や世界的なデジタルトランスフォーメーション(DX)の流れでお金のデジタル化にも注目が集まり、「デジタル通貨」というのも少しずつ認知されてきているのではないかと感じます。

この1年間、「DE BEYOND」を支えてくださった読者の皆さまには改めて感謝をお伝えいたします。

また2023年はホワイトペーパーも発表することができ、私たちのプロダクトや理念についてお伝えする機会も得られました。

来年にはデジタル通貨DCJPY(仮称)のサービスインも予定しています。実際に皆さまにサービスをお届けできるよう、「DE BEYOND」もディーカレットDCPもさらなる飛躍を遂げてまいりますので、引き続き応援いただけたら嬉しいです!

それでは、よいお年をお迎え下さい。
2024年もどうぞ宜しくお願いいたします。

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!