見出し画像

【DCJPYの未来・ヘルスケア編】未来の健康サービス体験〜心と体にやさしいアシスト〜


こんにちは。
ディーカレットDCPのDE BEYOND編集部です。

ホワイトペーパー「“DCJPY” White Paper 2023」の発行を記念し、2024年のサービスインを目指している「デジタル通貨DCJPY(仮称)」(以下、DCJPY)がもらたすユーザー体験を今回もお届けしたいと思います。

4本目は、生きるうえで欠かせないヘルスケアについてです。ヘルスケアサービスのデジタルトランスフォーメーション(DX)は安心で安全な社会基盤をつくる一助になると考えます。DCJPYでいったいどんな社会がもたらされるのでしょうか?


ホワイトペーパー「“DCJPY” White Paper 2023」は以下ポータルサイトからダウンロード頂けます。


これまで配信したDCJPYの未来 ▷
買い物編:https://note.decurret-dcp.com/n/nfd35eb0f5b4c
エンタメ編:https://note.decurret-dcp.com/n/nc765e739bf6a
不動産賃貸取引編:https://note.decurret-dcp.com/n/n2f0baf1198e7

DCJPYの未来・ヘルスケア編

忙しい日の予定調整

慌ただしい午後、カオリは仕事と病院の診察を控えています。しかし、買い物をしているうちに時間がどんどん過ぎてしまい、焦りを感じていました。幸いカオリは、最新のアプリを駆使していました。そのアプリは、最適ルートの交通手段を瞬時に検索してくれる頼りになる相棒です。

徒歩でA地点まで移動し、そこからタクシーを拾うことが最短経路だとわかり、ほっと胸をなで下ろしました。このアプリは多くの人々に利用されており、フィードバックを受けて精度がどんどん高まっているので、カオリも日々の移動がよりスムーズになっていることを実感していました。

スムーズな診察と処方箋受け取り

病院では、患者さんが病院の自動会計機に搭載されている顔認証システムで支払いを行っていました。DCJPY口座から自動的に診察代が引き落とされる仕組みです。その様子にカオリは驚きと便利さを感じました。スマートな支払いが可能になったこの新しいシステムにより、従来では会計を待つ時間であったり、お財布や携帯を出していた手間が無くなり、慌ただしいスケジュールでもスムーズに予定をこなすことができました。

診察が終わると、病院から診察結果のSBT(ソウルバウンドトークン)が発行され、カオリのウォレットに通知が届きました。「これは処方箋の代わりになるんだよ」と、受付のスタッフが優しく説明してくれました。SBTの診察結果を薬局に開示することを事前に許諾すると、薬を自宅に郵送してもらえるという特典があります。薬局に行く手間を省けるという点が、カオリにとって大変ありがたかったのです。

便利な診察の未来

病院を後にし、カオリはスマートフォンで今日の診察分の薬を病院が手配してくれたことを確認しました。4時間後には自宅に届くとのことで、「手荷物が多くても受け取らなくて済むのは本当に助かるわ」と、ほっと胸をなで下ろしました。

通常は当日送られることが多いですが、遅い時間の診察だと翌日になることもあります。しかし、例えば自宅でオンラインで診察し、なるべく早く薬を取得したい場合は、最寄りの薬局にSBTを提示することで受け取り時間を短縮できます。カオリは自分の都合に合わせてフレキシブルに変えることで、薬の受け取りでストレスを感じることが全くなくなりました。

忙しないスケジュールの合間の診察というハラハラすると思っていた予定が、未来の健康サービスのお陰で心地よい体験に変わったことにカオリは感謝しました。健康のためには、忙しい日常でも心と体にやさしいアシストが大切だと実感したのです。カオリは笑顔で帰宅し、これからも未来の健康サービスに期待と感謝の気持ちを持ちながら、明るい未来を切り拓いていくのでした。

▶ DCJPYの未来・ヘルスケア編 解説

カオリのような忙しく暮らす人だけではく、高齢者の方や子育て世代の親御さんにとっても非常に助けとなるような、医療と移動の分野にもたらす進化について解説します。私たちのビジョンは、健康管理と移動手段を効果的かつ便利に結び付けることで、個々の生活の質を向上させることです。

最適な移動手段を見つけるスマートアプリ

日常のさまざまなシーンで移動手段を最適化するスマートアプリが登場しました。例えば物語のなかでカオリは予定が詰まっていて診察に遅れそうになりましたが、アプリを活用することで、最短経路を徒歩で移動し、A地点でタクシーを拾うことが最適といった的確な指示が瞬時に出されたことで、スケジュールをこなすことができました。つまりこのアプリの利用により、時間管理がより効率的に行えます。

移動手段の精度向上と報酬トークン

このアプリは多くのユーザに利用され、その精度は使われるほど向上していきます。そのため、移動手段の利便性や実際にかかった時間といったデータを提供することで、ユーザに報酬トークンが還元されます。またこれらのトークンは、DCJPYに変換することで、医療費などの支払いに活用することが可能です。

公的機関との連携による便利な支払い

DCJPYは銀行の預金口座と紐付くため、前提としてKYC(Know Your Customer:金融機関における本人確認手続き)が完了しています。そのため、病院のような公的な認証が必要な機関でも本人認証が完了したうえで使用できるため、面倒な手続きなくDCJPY口座から自動で支払いが行われます。これにより支払い手続きが簡素化され、ユーザは待ち時間を省くことができます。

診察結果のデジタル化とデジタルトークンの利用

病院での診察を受けた後、診察結果はSBTのように一意性のあるデジタルトークンとして発行されます。これにより、診察結果を手に入れる際の手間が省かれ、情報の保管と共有がスムーズに行えます。ウォレットに格納された通知を通じて、ユーザは診察結果にいつでもアクセスできます。

処方箋の代わりとなるデジタルトークンの活用

このデジタルトークンは、薬局での処方箋の代わりとして活用することが可能となります。薬局に通知を開示することで、薬を郵送してもらうことなどもできるようになります。病院と薬局のシームレスな連携により、医薬品の取得が劇的に便利になります。

医薬品の効率的な配送と利便性の向上

医薬品の手配は、基本的に診察結果に基づいて行われます。ユーザは手荷物が増えるのを心配することなく、指定された時間に医薬品を自宅で受け取ることができます。また自宅でオンライン診察を受けた場合は、最寄りの薬局で手続きを行うことで配送を待たずに受け取れるなど、自分の都合に合わせてフレキシブルに受取方法を選択できます。

私たちのデジタルヘルスケアと移動のアプローチは、健康と移動の領域においてユーザの生活を向上させることを目指しています。テクノロジーの進化により、より便利で効率的なサービスが提供され、社会全体のウェルビーイングが向上することを願っています。

※本稿は現時点で考え得るデジタル通貨DCJPYが未来社会にもたらす可能性を示したものです。


この記事が参加している募集

#企業のnote

with note pro

12,491件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!